ホーム > レーザー脱毛とフラッシュ脱毛、どこが違うの?

黒いモノは光を吸収しやすい

「 ムダ毛さえ処理できれば、ぶっちゃけ理屈なんかどうでもいい。 」

まあ実際そうだと思いますけど、
興味がある方のために、いちおう脱毛器の原理を簡単に解説しますね。

いま主流になっているのは、
「 レーザー脱毛 」「 フラッシュ脱毛 」 のふたつですが、基本的な原理はどちらも同じだと考えて結構です。

またレーザー脱毛は時代遅れだ、みたいな記事もたまに見かけますけど、そういうことでもありません。

たんにエステなどではフラッシュ脱毛しかできない、
そういう理由があるだけです。

さて、とても日差しの強い日に 「 黒い服 」 を着ているのを想像して欲しいのですが、ものすごく熱くなりますよね。

白い服の場合とは全然違うはずです。

これは黒い色素が光のエネルギーを吸収したためなのですが、
基本的にはこれが原理です。

からだの中にある 「 メラニン 」 という黒い色素に反応しやすい光を照射することで、
毛根が高温になります。

すると毛根はアツアツの状態ですから、
その毛根に接している細胞も二次的に火傷(やけど)を起こします。

火傷を起こして毛根周辺の細胞が変性すると、
そこからは毛が育たなくなる。

それを利用しているのが脱毛器なんですね。

レーザーとフラッシュでは光源が違う

ではレーザー脱毛とフラッシュ脱毛ではなにが違うのか?

ということになりますが、
まず光を発生させている 「 光源 」 が違います。

レーザー脱毛の場合は、
光をレーザー発生装置で作っています。

どこまでもまっすぐ進むレーザービームです。

いっぽうフラッシュ脱毛の場合の光源は 「 ランプ 」 です。
懐中電灯のようなものをイメージすると分かりやすいでしょうか。

レーザー光に対して、
フラッシュは 「 拡散するタイプの光 」 なんですね。

フラッシュ脱毛はフィルターを使って波長を調節

このようにレーザー脱毛では、
「 固有の波長 」 をもったレーザ光を使い、

フラッシュ脱毛では 「 拡散する光 」 を使っているわけですが、

その際に特殊なフィルターを通して、 ある波長より短い光を遮断するようにしているのです。

そうすることでフラッシュランプの光からも、
レーザー光と似たような特性が得られるというわけですね。

ただしレーザー光はどこまでもまっすぐ進むのに対して、
フィルターをかけたとえはいえフラッシュの光は拡散する性質がありますから、

  • 身体の中に光がどの程度 「 深く 」 入るのか?
  • どの程度の 「 エネルギー 」 を持って入るか?

という点で大きな違いがあるんだと思います。

このあたりが家庭用のフラッシュ脱毛器では、
完全にムダ毛処理が出来ない理由ではないかと。

まあ小難しい話はこれくらいにしようと思いますが、
ともかく基本の原理はフラッシュ脱毛だろうとレーザー脱毛だろうと同じです。

光のエネルギーで毛根に熱を与えて、周囲の細胞を変性させる。
すると毛が育たなくなる。

これです。

家庭用脱毛器のスペック比較表はこちら>>